角度スウィープ

複雑なワイヤーフレームの作成や定型形状の作成/編集を改良するために、画面上でのスウィープ/回転コントロールが追加されています。

このコントロールは、正接を含む既存要素のオートカーソル位置にスナップすることができます。さらに、座標軸の向きを基準とした水平と垂直のスナップ位置も認識します。

  • ブロックを除くすべての定型形状に、スウィープ コントロールが追加されています。
  • 角度指定円弧と楕円を除くすべてのワイヤーフレーム機能に、スウィープ コントロールが追加されています。
  • 回転コントロールは、多角形、楕円、長方形形状のワイヤーフレーム機能に追加されています。変形移動タブにあるロールにも使用されます。
  • らせんと渦巻きには単一軸のコントロールが追加されており、作成及び編集している形状の高さをグラフィカルに修正できます。