複数のアンドゥ/リドゥ

旧バージョンでは、モデル準備機能を使ってソリッド モデルに加えた変更内容は一切戻せませんでした。現在は、ソリッド マネージャにある新しいアンドゥリドゥを使用することで、最大25個のモデル準備機能をアンドゥ/リドゥできるようになっています。

モデル準備のアンドゥリドゥは、Mastercamのアンドゥとリドゥとは関係ありません。モデル準備機能を使用して行った変更にしか効果がありません。モデルに対して履歴ベースのソリッド機能を適用すると、アンドゥとリドゥのメモリ系統がクリアされ、これまでに行ったモデル準備の変更内容は戻せなくなります。