シーム コントロール

ロールや展開の結果が予測しやすくなるように、座標軸をベースとした新しい回転コントロールが使用可能になっています。シームを視覚的に回転させることによって図形がどのように反応するのかを確認でき、オートカーソル位置にスナップすることも可能です。