スウィープ ソリッド

スウィープ ソリッドのオプションやコントロールが旧バージョンより増えています。旧バージョンで作成したスウィープ ソリッド操作については、Mastercam 2018で編集する場合でも使用できる機能に制限があります。新たに作成するスウィープ ソリッド操作のみが新しいオプションに対応します。

3Dのたて曲線

ソリッドのスウィープが、2Dのたて曲線だけでなく、3Dのたて曲線もサポートするようになりました。

終了輪郭チェイン

終了輪郭チェインを使用すると、たてチェインを移動している間に、一方の輪郭から他方の輪郭へと変移することができます。

それぞれの輪郭の要素数が等しくなければなりませんが、シンクロを使ってチェインする必要はありません。チェインの形状が異なる場合でも、チェインに含まれる要素数が同じでなければなりません。

ガイド チェイン

結果の形状を変えるチェインを追加することによってソリッド スウィープ操作に影響を与えるには、ガイド チェインを使用します。下図はオレンジ色のワイヤーフレームが青いワイヤーフレームに渡ってスウィープされているところです。緑色のワイヤーフレームはガイド チェインです。

  • たてチェインから180度オフセットしたガイド チェインはもっとも予測可能な結果をもたらします。
  • ガイド チェインたてチェインと同じ平面上になくても構いません。

新しい整列オプション

輪郭とたてチェインの整列状態をコントロールするためのオプションが新たに2つ追加されています。これまでのリリースでは、輪郭とたて曲線の関係は常に同じ角度に維持されていました。次のいずれかを選択できます:

  法線 平行
  • 法線は、輪郭とたてチェインの元々の角度関係を維持します。
  • 平行は、断面をオリジナルの輪郭と平行に保ちます。

この関係性をコントロールできることにより、たて曲線を基準とした輪郭を配置をあまり気にしなくてもよくなります。

シャープコーナー

旧バージョンのソリッド スウィープでは、たて曲線に5度より大きな方向転換がある場合、その要素間にフィレットを作成する必要がありました。Mastercam 2018では、シャープコーナーに沿って輪郭図形を容易に走らせることができます。シャープコーナーと遭遇した場合には、Mastercamがそれをマイター処理します。

この強化により、モデリング時の柔軟性と精度が向上しています。

ツイスト スウィープ

詳細設定タブにあるツイスト スウィープを使用すると、たてチェインを移動するにつれて輪郭をねじることができます。スウィープ上での配置やツイストの角度をコントロールすることができます。ツイストの角度に制限はなく、ツイストの適用を開始する位置を以下のオプションから選択することができます。

ツイストなし ツイスト
  • たてチェインの開始から終了まで
  • 輪郭チェインの開始からたてチェインの終了まで
  • たてチェインの開始から輪郭チェインまで