文字作図

旧バージョンでは、文字の作図をする際にほしい結果を得るために、試行錯誤が必要となることがありました。現在、文字作図は機能パネルを使用しており、グラフィック画面内で同時に作業することができるようになっています。

つまり、文字は未確定要素となり、フォントの変更、位置の変更、テキストの編集などを行うと、その結果がグラフィック画面に表示されるということです。