曲線作成

曲線機能である単一エッジ曲線と全エッジ曲線が強化されています。新しい機能により、さらに正確な制限境界の作成が行えます。

隣り合うソリッドエッジを無視

全エッジ曲線の共有エッジを無視は、選択されているソリッドフェイス上の隣接するソリッドエッジをすべて認識して、曲線の作成時にそれらを無視するために使用します。

共有エッジを無視 - オフ 共有エッジを無視 - オン

外周ループのみ

全エッジ曲線では、外周ループのみを選択することで、ソリッドの内側にあるエッジを無視して外形エッジのみに曲線を作成することができるようになっています。このオプションはソリッドフェイスが選択されている場合のみアクティブになります。

正接エッジを選択

単一エッジ曲線に入っている時に[Shift]を押しながらクリックすることで、正接エッジを選択することができるようになっています。

2D及び3Dモードをサポート

単一エッジ曲線と全エッジ曲線が2Dモードと3Dモードの両方で図形を作図するようになっています。これまでは、3Dモードでの図形作成しかサポートされていませんでした。2D図形作成をサポートしたことにより、投影などの機能を改めて使用する必要なしに、選択エッジから作成される図形を現在の作図平面とZ深さに投影することができます。