らせんと渦巻き

らせんと渦巻きの機能パネル上の特定のフィールドがロックできるようになっています。ロックできるのは、らせん作成の回転数高さピッチフィールドと渦巻き作成の垂直ピッチ 開始フィールドです。ロックを使用することで、フィールドの1つを指定し、他のフィールドは次の方程式に基づいて導き出すことができます。

(ピッチ) x (回転数) = 高さ

例えば、らせんの定義をしている時に、高さ10にロックし、回転数5に設定すると、結果として算出されるピッチ2になります。フィールドをロックしても値の変更は可能です。単にどのフィールドが定数でどの2つが計算されるものなのかを設定するだけのものです。