インポートされたソリッド アセンブリからレベルとソリッド ボディに名前を付ける

ソリッド アセンブリをインポートすると、Mastercamのファイル インポート機能が新たなプロトコルを使用して、ソリッドとレベル マネージャの両方の内容に反映されます。Mastercamは、入力したファイル形式から利用できる情報の種類に応じてソリッドを処理します。インポートしたファイル内にレベル名やボディ名のデータが存在しない場合、ボディとレベル名はファイル名になります。

レベル マネージャ

  • インポートされたファイル、またはアセンブリからのレベル名が、Mastercamパーツファイル内に維持されます。
  • レベル データを持たない形式からインポートした場合でも、Mastercamはインポート後のソリッドボディを別々のレベルに配置します。
  • レベルの名前は、可能な場合はソリッドボディ名に基づきます。
  • 複数のソリッドボディが含まれたSolid Edge、SOLIDWORKS、あるいはParasolidsファイルを開くと、ボディごとにレベルが分けられます。オリジナルのファイル内に情報が存在する場合には、Mastercamは各レベルにソリッドボディの名前を割り当てます。この振る舞いを変更するには、システムコンフィグの変換ページでレベル名にソリッド名を割り当てるを選択解除してください。

ソリッド マネージャ

  • 複数のソリッドボディが含まれたSTEPファイルからインポートされたソリッドボディに対して、Mastercamはそれぞれに名前と番号を付けます。
  • Mastercamはさまざまなアセンブリのソリッドボディをソリッド マネージャ内に並べます。
  • 可能な場合は、インポートされたソリッドボディそれぞれに名前が付けられます。
    • インポートされたソリッドボディの名前は、インポートされたレベルの名前とは無関係です。
    • 同じ名前を持つボディが複数存在する場合には、番号が付加されます。
  • アセンブリ内で個々のパーツファイルに入っているボディの名前には、ソリッド マネージャ上でそのアセンブリの名前が含まれます。