ドラッグ&ドロップでのインポート

サポートされているファイル(例えばcsv)をレベル マネージャへとドラッグ&ドロップすることで、そのファイルのレベルを自動的にインポートすることができるようになっています。