マシン シミュレーション

軽量版のマシン シミュレーションが、Mastercamシミュレーターの中で利用できるようになっています。マシンのシミュレーションを見るには、ツールパス マネージャからベリファイを選択し、ホームタブにあるシミュレーションを選択してください。

Mastercamシミュレーターのマシン シミュレーションに対してオプションを設定するには、ツールパス マネージャ上にあるシミュレーター オプションを選択して、専用のダイアログボックスを表示させてください。

ストックと固定具をセットアップするにはコンポーネントタブを使用します。公差を設定するにはデータタブを使用します。マシン、配置、公差を設定するにはシミュレーションタブを使用します。

Mastercamシミュレーターに入る際にマシンを選択していなかった場合は、汎用マシンかスタンドアロン版のマシン シミュレーションのマシン シミュレーション ダイアログボックスで選択されたマシンのいずれかがデフォルトとして使用されます。

シミュレーションの中に入ると、ベリファイ モードで使用できるものと同じオプションが使えます。クリッピング平面を使用する、ストックをSTLとして保存する、衝突チェックを使用する、といったことができます。