ソリッドとサーフェイスの選択を強化

ソリッドとサーフェイスの選択を強化

ソリッド、サーフェイス、STL要素の選択が改良されています。選択バーの標準モードとソリッド モードを切り替えなくても、タイプの異なる要素の選択が行えるようになっています。この選択の強化は以下の機能に含まれています。

  • 3Dツールパスのドライブ図形/チェック図形の選択
  • ワイヤーフレーム、曲線 全エッジ
  • ワイヤーフレーム、曲線 スライス
  • ワイヤーフレーム、交差曲線
  • ワイヤーフレーム、曲線 パートライン
  • 変形移動、投影

これらの機能で図形を選択する際には、選択バー上の以下のボタンが無効になります。

  • 標準選択
  • ソリッド選択
  • エッジ選択

この選択作業中には、選択バーにあるボディ選択フェイス選択のフィルターと、サーフェイス、ソリッド、ポリゴンメッシュのクイックマスク フィルターが使用できます。フェイス選択ボディ選択の両方のフィルターが有効になっている場合、ソリッド上でカーソルを動かすと、フェイス選択とボディ選択が交互に変わります。

どちらの選択方法が有効になっているかが表示されます。

ソリッド上にカーソルを置くと、一番近くにあるフェイスがハイライトし、フェイス選択のカーソルが表示されます。ソリッドフェイスを選択するにはクリック、フィーチャを選択するにはダブルクリックしてください。フェイス選択フィルターのみが有効になっている場合は、トリプル クリックをすることでソリッドボディのすべてのフェイスを選択することができます。ボディ上のフェイスを選択解除するには、個別にフェイスをクリックしてください。

フェイスと接するすべてのフェイスを選択するには[Shift]を押しながらクリックし、類似のソリッドフェイスを選択するには[Ctrl]を押しながらクリックしてください。さらに、[Ctrl+Shift]を押しながらクリックすることで、径が同じフィレット、または穴を選択できます。

[Esc]を押すか、グラフィック画面の何もない領域でダブルクリックすると、選択が確定します。