上部での切削を防止

上部での切削を防止は、チップの非切削部位の向きを定義します。このオプションはダイナミック粗取りツールパスのダイナミック粗取りパラメータ タブで使用できます。

例えば下図では、ツールパスの加工をしようとしている時に工具のシャンクが素材とぶつかっているのが分かります。

上部での切削を防止が選択されていて、角度0度に設定されていると、Mastercamはチップの下側部分だけで加工を行うツールパスを生成します。