面エッジ公差

特に5軸輪郭ツールパスを作成する際の面エッジ公差が改善されています。曲線がトリム面やソリッドフェイスのエッジに乗っていて、そのサーフェイス、またはソリッドフェイスが工具軸を法線で制御するように選択されている場合にも、ツールパスが適切に生成されます。